就職・転職に役立つ資格

就職・転職に役立つ資格

就職・転職に役立つ資格 よく聞く資格名だけど今ひとつよく分からないものにファイナンシャルプランナーがあります。お金に関する何かの資格ということは知っているが具体的には・・・という方も多いのではないでしょうか。ファイナンシャルプランナーは、ライフプランニング・金融資産運用・タックスプランニング・リスク管理・不動産・相続/事業継承に関する、ありとあらゆるお金に関わるお金のエキスパートです。
お金というものは、世の中さまざまな形があって、実際に財布の中にあるお金から銀行口座にある預金、株式などの投資に使うお金、国や自治体が徴収する税金、企業が融資を受けるお金などさまざまあります。
ファイナンシャルプランナーが扱う分野は、生活に直結したものが多くあり、資格を取ってビジネスシーンで活用できますし、自分の生活でも役立てることができます。結婚して保険に入る場合どのタイプがいいか、あるいはマイホームを買うならどの住宅ローンを選択すればいいか、子供の教育費を考えたらなにか保険に加入した方がいいか、年金など現在から将来にわたって考えたい、お金に関する多くの疑問や不安を解決可能にします。
ファイナンシャルプランナーの資格は、銀行・保険・金融機関などでその知識が役立つこと多く、実務でも役立ちますし社内昇格のアピール材料にもなります。更にはこれらの業界に就職・転職を希望する方なら、即戦力として採用に繋がる可能性も高まります。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容とは

ファイナンシャルプランナーの仕事内容とは ファイナンシャルプランナーの仕事は個人の資産に関する情報を基に資金計画を立て、人生設計をアドバイスすることです。住宅ローンや教育費、税金や相続、老後資金など人生とお金は密接につながっています。家族構成や収入、支出、今後の人生計画などいろいろな個人情報を分析して1人ひとりに合った人生設計を提案します。いつ頃どのくらいのお金が必要で、今後どのようにしていけばいいのか具体的に教え、ライフスタイルをより良いものにできるようお手伝いします。あらゆる分野に関するお金のエキスパートとして活躍するのがファイナンシャルプランナーなのです。
資格が無くても仕事をすることは可能ですが、専門性や知識をより高めるため資格を取得する人が多いようです。資格を持っていると就職や転職の際に自分の強みになります。資格を取得した人は銀行や証券会社、保険会社で活躍しています。世の中のお金の動きや経済状況にも詳しくなれるので、学んで損はしない分野でしょう。