ファイナンシャルプランナーの情報をまとめました

ファイナンシャルプランナーに相談した方がいいケース

ファイナンシャルプランナーに相談した方がいいケース 仮想通貨やFX、デリバティブなどの短期的な利益を狙う場合、ファイナンシャルプランナーはあまり詳しくないことが多く、相談してもあまりあてにできません。
しかし、住宅ローンや年金、税金対策や不動産管理といったような、長期的なライフプランに関係するようなものに関しては、詳しく学習しているため、自分で独学で進めるより、相談した方がいいことが多いです。
ファイナンシャルプランナーの得意とする分野は、子供の教育費、資産運用の際の貯金と投資のバランス、生命保険や年金に関係することなど、長期的なものです。
クライアントのライフプランに合わせて効率的な計画を作り、実行のアドバイスを与えることがファイナンシャルプランナーの主な仕事なので、短期的な利益を大きく出したい場合は、相談しない方がいいです。
ファイナンシャルプランナーは資産運用に詳しく、相談した方がいいことは多々あります。しかし、苦手分野も当然あるので、事前に調べておきましょう。

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット 年金や資産運用、ローンのことなど、お金に関して知っておいた方がいい知識はたくさんあります。しかし、一般的な生活を続けていると、このようなお金の知識を身に付けることは困難で、長期的なお金に関するライフプランの作り方も、よく分からなくなることが多々あります。
ファイナンシャルプランナーの得意な分野は、このような長期的なライフプランに関係する、お金の運用や使い方です。
したがって、相談することによって、長期的な観点からお金に関係する計画を、作りやすくなります。
もちろん、自分の判断は大切ですし、ファイナンシャルプランナーの計画通りに、すべてうまくいくとは限りません。
しかし、相談することによって、自分では気がついていなかった将来の出費や、資産の運用の仕方について、詳細なアドバイスを聞くことができます。
また、保険やローンなど、どのようなものが必要か、個人の状況によって変化します。
相談することで、カスタマイズされた状態の、詳細な長期的計画を作ることができます。