ファイナンシャルプランナーの情報をまとめました

お金の相談なら独立系ファイナンシャルプランナーへ

お金の相談なら独立系ファイナンシャルプランナーへ お金の相談をしたいと感じた時は、独立系ファイナンシャルプランナーを選ぶといいです。
金融機関内のファイナンシャルプランナーに話を聞きにいくと、その会社が販売している金融商品を紹介される場合がほとんどです。
ですが、独立系の場合は中立の視点から独自の相場論を話してくれるため、投資に興味がある時は面白いと感じるはずです。
その後に金融商品の話が出てくると、集中して話を聞くきっかけにつながります。
独立系ファイナンシャルプランナーは、投資信託か保険などの商品のことを教えてくれる場合は、直接家にまで来てくれる場合がほとんどです。
自身で店に行くには時間だけでなく交通費もかかりますが、その際の手間が省けるのも良い部分と言えます。
商品の説明の仕方も経験が豊富なことから、顧客が理解してくれるまでわかりやすく説明してくれます。
そして無理に商品を勧めたりせず、気に入ったら連絡をして下さいと言って帰っていくので、好感を持てると感じやすいです。

ファイナンシャルプランナーに相談してライフプランニングをしよう

ファイナンシャルプランナーに相談してライフプランニングをしよう ライフプランニングとはいったいなんでしょうか。
結婚や、子供、住宅の購入など、個人の人生における価値観や生きがいに応じて、生涯の生活設計(ライフプラン)をたてることをいいます。
たとえば、30歳で結婚、35歳で出産・・・など表にしていくのです。
そのイベントを迎えるには資金が必要となります。
とくに、教育資金、住宅取得資金、老後にかかる資金は人生の中でも金額が大きくなるため、イベントごとにファイナンシャルプランナーに相談して見直すと良いでしょう。
車の買い替えや住宅購入など大きな買い物の資金も、ライフイベント表を作成することによって明確にすることができます。
それと同時にキャッシュフロー表の作成も行います。
ライフイベント表と現在の収入状況に基づいて、将来の収入状況と貯蓄残高の予想をまとめられ、ライフプランの問題点を明らかにすることができます。
個人でも表の作成や計算はできますが、見直したりアドバイスをもらうためにも、ファイナンシャルプランナーに相談するのがおすすめです。