ファイナンシャルプランナーの情報をまとめました

中立な立場でアドバイス!金融のプロ【ファイナンシャルプランナー】に相談

中立な立場でアドバイス!金融のプロ【ファイナンシャルプランナー】に相談 優秀なファイナンシャルプランナーは、中立な立場でお客様と接します。
なぜかと言えば、信頼こそ仕事をしていくうえの財産になるからです。
金融のプロと名乗る以上、金融の知識を使って資産管理のやりかた、保険の選び方、住宅ローンの賢い選択のしかた、住宅ローンの繰り上げ返済のやり方などの知識にたけています。
中立な立場でのアドバイスをするためには、お客様の財布の中身がわからなければ、対応できません。
見せていただかなければなりません。
セールスマンは、手数料のために商品を売ります。
しかし売るだけであればどんなセールスマンも同じです。
優秀なセールスマンは、紹介にもとづくセールスをします。
紹介を受けたお客さまは、相手に寄り添った相談ができます。
だから商談が成立します。
ファイナンシャルプランナーは、相談料・手数料で収入がなりたっています。
どちらに重点が置けるかで、アドバイスの内容は変わってきます。
手数料に重点を置けば、手数料の高い商品しかお客様に勧められません。
優秀なファイナンシャルプランナーは、金融のプロだという強い自覚があります。
アドバイスについて適当なことはしません。
お客様それぞれ違う状況を聞き取り、状況に応じたアドバイスができます。
資産内容に入り込んだ相談は、信頼関係が築かれているからこそできるものです。
相談を受けたことによる効果があるので適正金額以上の相談料をいただきます。

独立したファイナンシャルプランナーに相談をする

中立な立場でアドバイス!金融のプロ【ファイナンシャルプランナー】に相談 ファイナンシャルプランナーに相談をする場合、独立系の専門家を選択すると言う事が重要になる場合があります。
様々な差別から独立している場合には公平で中立的な提案をすることができますが、何かしらの傘下に入っているファイナンシャルプランナーの場合にはどうしても所属している組織に関連のある提案をしなければならないと言う立ち位置にあります。
そのため特定のサービスの選択や購入を意識している場合には注意しておく必要があります。
例えば保険を契約することを前提としてファイナンシャルプランナーに相談する場合、ファイナンシャルプランナーが特定の保険会社に取得している場合には公平な情報提供期待することが難しくなります。
一方で独立しており全ての保険商品を取り扱うことが可能である立場であればより公平な提案をすることが可能となります。
これは立場によって影響受ける分野があるかないかという違いであり、判断に大きな影響与えることがなければ特に問題はありません。