ファイナンシャルプランナーの情報をまとめました

独立したファイナンシャルプランナーへの相談は

独立したプランナーへの相談 ファイナンシャルプランナーは、お金に関する広い知識を持って、ライフプランについて助言できる技能を持った人のことです。
相談できる内容としては、上手くいかない家計の見直し方や老後の生活に関する心配、子供の教育資金の準備方法、住宅ローンの見直し、保険の見直しなどの普段の生活に関わることから、税制の優遇や相続の処理、おすすめの金融商品などの資産運用に関することについてまで幅広い範囲になります。
ファイナンシャルプランナーには、企業に所属してその能力を発揮する人と独立して個別に対応する人がいます。
独立しているファイナンシャルプランナーの方が、内容に制限がなく相談できるので便利です。
そのような独立しているファイナンシャルプランナーの方へ相談するには、目的にあった知識を持った人を探す必要があります。
日本FP協会では資格認定された方を検索するサービスを提供しています。
そのほかにも限定された内容であれば無料相談を活用してから条件に合う人を探す方法もあります。

保険相談をファイナンシャルプランナーにするときに用意すべきもの

保険相談をファイナンシャルプランナーにするときに用意すべきもの 最近、保険の契約についての認識はかなり変わってきているようです。
保険の営業の方から紹介されるものに加入するのが一般的でしたが、現在ではダイレクト型の保険に申し込んだりといったことも増えてきています。
そして、もっと増えてきているのがファイナンシャルプランナーに保険相談をして保険の見直しや新規契約をするというものです。
ファイナンシャルプランナーはそれぞれの方の収入や出費、これからのライフプランに合わせた保険を紹介してくれるのでかなり人気となっているようです。
ただ、同じ相談をするにしてもやはり用意しておいた方がより良い相談となるものがいくつかあります。
例えば必須なのは現在の収入と出費。特に収入面は、給与明細を直接持ち込む必要まではありませんが、おおよその収入については振り返り、答えられるようにしておいた方が良いでしょう。
出費についても家計簿があればベストですが、ない場合でも基本的な出費額について分かるよう振り返っておくことは重要です。
また、現在保険に入っている場合はその保険証券も用意しておいた方が良いと言えます。
現在の内容を確認したうえでよりおすすめの保険が紹介してもらえるからです。
せっかくファイナンシャルプランナーに相談するのですからより良い結果を得たいと思うのは当然のことです。
万全の準備をして相談するようにした方が良いと言えるでしょう。